« グーグルパテントサーチ | トップページ | 事務所HP改善計画 »

若手不足

前にもどこかで書いたかもしれませんが、うちの事務所、所員30人弱いますが、20代は僕一人です。

僕が入ってから4年以上経ちますが、ずっと最年少です。

その分、みんなやさしく接してくれるし、食事もほとんどおごってもらえたりして得な部分も多いんですが、そろそろ後輩というものがほしくなってきています。

うちの事務所の少子化問題は結構深刻で、年齢分布が逆三角形どころかTの字型(50代の割合が極端に多い)になっています(^^;)

確かに経験豊富なベテランさんが多いので仕事の質は高くていいと思うんですが、10年後にはどうなっているのかちょっと不安になることも・・・。

せっかくいいベテランさんが多いのに、それを受け継いでいく人が少ないというのもなんかもったいない感じですし。

さすがに最近は、若手を増やそうと若手募集という求人を出していますが、なかなか条件の合う人が来てくれないみたいです。(実は今も出ています。このブログを見てくれていて、特許事務所に入りたいと思っている若い方、連絡下されば事務所紹介しますよ!(^^))

僕が思うには、事務所のHPが原因の一つにあるんじゃないかなと、前々から思っています。

大きな企業とかであれば、そこの出している商品・サービス等は比較的わかりやすいと思いますが、特許事務所の商品・サービスはなかなか普通にしててはわかりにくいものです。

そうなると特許事務所に就職・転職をしようとする人にとっては、HPくらいしか情報源はありません。

(IPDL使えば、その事務所がどれくらい出願してて、どんなお客さんで、どんな明細書書いているかとかわかりますが、なかなか若い人(未経験者)はそこまで知っていないはず。)

そうなると転職サイトに求人出してでどれだけ多くの人の目にとまったとしても、HPの印象が悪いと後回しにされ、結局いい人材はHPの印象のいい事務所に行ってしまうような気がします。

現在のうちの事務所のHPは、デザインもそうですが、書いてあることの中身もイマイチよくないような気がします。

抽象的なことしか書いてなくて、具体的にどんな事務所かというがわからないんです。

(大きなクレームだけ書いてあって、実施例に具体的な構成や作用が何も書かれていないような感じ。)

個人的には、うちの事務所最高とまでは言えないけど、みんな仕事は真面目にやっているし、変な人が多いと言われている業界の中でみんな常識人だし、アットホームないい事務所だと思っています。

それに、フレックスで残業も少ないから、試験勉強の時間は確保できるし、仕事のノルマとか特になく歩合制とかでもないので安定した生活送れるし、事務所が大きくない分色々な仕事(国内だけじゃなく外国関係もやります)できて勉強になるし、若い人にも結構いいと思うんですよね。

ですからそういうことをアピールしたHPに改善した方がいいのになぁと思っていて、何度か所長にも直接そんなことを言ったこともありました。

そうしたら、ついに念願が叶うことに・・・(次回に続きます)

人気ブログランキングへ

|

« グーグルパテントサーチ | トップページ | 事務所HP改善計画 »

特許事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グーグルパテントサーチ | トップページ | 事務所HP改善計画 »